2016.2

TPP協定で食の安全・安心はどうなる
ーその体系的整理の試みー

NPO地域に根ざした食・農の再生フォーラム理事長
滋賀県立大学名誉教授
小池 恒男
【 目 次 】

T どうなっている食の安全性を確保する法制度
1. TPP協定の食の安全性についての基本理念  01
2. どうなっている国際的な取り決め 01
1)コーデックス委員会とは何か 01
2)コーデックス委員会の目的(コーデックス憲章の第1条) 01
3. わが国のおける食品安全性確保のための措置 01
4. わが国における食品表示についての取り決め(遺伝子組み換え食料を中心に) 01
U 分野別にみた食の安全性の点検
1. 成長ホルモン剤(エストラジオール、エストラゲン、ゼラノール)ならびに多くの
抗生物質の多用→発がん性リスク  
02
2. 食品添加物 02
3. 防カビ剤(OPP、TBZ)→ 米国産(カリフォルニア)オレンジ 02
1)柑橘類の場合 02
2)汚染米の場合(天然発がん性物質) 02
3)飼料用トウモロコシに発生するカビ(アフラトキシン) 02
4. 大腸菌付着の冷凍食品→ 米国産冷凍食品 02
5. BSE(牛海綿状脳症)の規制緩和はどのように進められたか(ならびに動物感染症の
拡大)
02
1)わが国におけるBSE(牛海綿状脳症)の規制緩和  02
2)米韓FTAによって韓国の米産牛肉の輸入はどうなったか 02
3)動物感染症の拡大 02
6. 遺伝子組み換え食料 03
1)遺伝子組み換え食料の生産 03
2)わが国における遺伝子組み換え食品の消費 03
3)食のコミュニケーション円卓会議」による遺伝子組み換え3作物の輸入合計
  数量の推定
03
4)GM小麦、GMコーン 03
5)養殖サーモン(ダイオキシン、PCB)、GMサケ→ 米国産鮭 03
6)ビール4社、糖類を分別せず使用に踏み切る 03
7)全農株式会社化の深層 03
8)GM表示義務なしの食品ないしは食材 03
9)GM食料まとめ 03
V TPP協定暫定協定文に沿っての対照分析
1. 直接的関係についての対照分析 04
1)第2章「内国民待遇及び物品の市場アクセス章」 04
2)第5章「税関及び貿易円滑化章」 04
3)第7章「衛生植物検疫(SPS)措置章」 04
4)第8章「貿易の技術的障害(TBT)章」 04
2. 間接的関係についての対照分析 04
1)第3章「原産地規則及び原産地手続章」 04
2)その他、第9章「投資章」、第15章「政府調達章」、第17章「国有企業及び
  指定独占企業章」等々
04
3. 日米並行協議における食の安全性についての協議 05
1)防かび剤、食品添加物並びにBSEにかかわる規制緩和の疑念深まる 05
2)添加物としての表示義務の排除 05
4. 米側の主張は「日本の食品安全基準も非関税障壁」 05
文献 05
資料1−3 06
次のページへ
目次