旬 友藤弘子
ご意見お寄せ下さい。
レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
京ラフラン
 「京ラフラン」という野菜をご存知ですか。京都大学と京都市が開発した新しい野菜です。大根とキャベツの仲間のコールラビをかけ合わせて2006年に開発された野菜です。茎の部分は、甘みがありアスパラガスに似ています。皮をむいて生でも食べられますが、ゆでると甘みがましておいしくなります。ゆでてもシャキシャキした食感が楽しめます。京都市の発表によると、カルシウムはほうれん草の1.7倍、ビタミンB6が1.8倍、ビタミンCが2.9倍含まれています。
 最近はスーパーマーケットでよく見かけるようになりました。1把100〜150円ぐらいでリーズナブルです。苦みやクセもなく使いやすい野菜です。




材料:京ラフラン 1把(200g)葉の部分、油揚げ 50g、醤油 小さじ2杯、
   酒 小さじ2杯、砂糖 小さじ1/2杯、練りからし 小さじ1/2杯
京ラフランと油揚げの辛し和え
京ラフランは太い茎の部分と葉の部分に分ける。
油あげはオーブントースターで焼き、薄切りにする。
沸騰したお湯に塩をひとつまみいれて、葉の部分をゆでる。ゆであがったら冷たい水にとり色止めをし、水分を絞り斜切にする。
調味料を合わせ、と混ぜる。
材料:京ラフラン 1把の軸の部分、豚バラ肉 60g、油小さじ 1杯、
   醤油 小さじ1杯、みりん 小さじ2杯
京ラフラン軸の豚肉巻き
京ラフランの軸の部分は、皮をむき、塩ゆでする。
フライパンに油をひき、を焼く。全面に焦げ目がつくように転がして焼く。調味料を回しかける。食べよい大きさに切る。
に豚肉を巻く。
材料:京ラフラン 1把(200g)、生しいたけ 1個、人参 50g
   オリーブ油 小さじ1杯、バター 10g、醤油 小さじ2杯
京ラフランのバター醤油炒め
京ラフランは太い茎の部分と葉の部分に分ける。
人参、しいたけは千切りにする。
沸騰したお湯に塩をひとつまみいれて、茎を入れて2〜3分ほどゆでて葉をいれてゆでる。ゆであがったら冷たい水にとり色止めをし、水分を絞り斜め切りする。
フライパンにオリーブ油を入れ、人参、しいたけを炒め、の京ラフランとバターを加え炒め、最後にしょうゆを回しかける。