旬 友藤弘子
ご意見お寄せ下さい。
レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
車麩
 麩は小麦粉のタンパク質グルテンから作られた加工食品です。小麦粉に塩と水を加えて練り、でんぷんを洗い落としたものがグルテンです。生麩はグルテンに餅粉を加えて作ります。焼麩は、グルテンに小麦粉を加えて焼いたものです。焼麩は種類が多く、車麩、小町麩、ちくわ麩、庄内麩などがあります。
 車麩は、生地を長い棒に巻いて焼き、その上に生地を巻いて焼いて作ります。バームクーヘンのような焼き方です。しっかりと焼かれているためすごく固いので、水でもどして使います。北陸地方では日常的に食べられています。金沢のおでんの車麩は有名です。煮汁をたっぷりとすって美味しいです。


材料:車麩 20g、玉ねぎ 50g、人参 20g、卵 2個、三つ葉 少々、
   だし汁 300t、みりん 小さじ1杯、砂糖 小さじ1杯、薄口しょうゆ 小さじ2杯
車麩の卵とじ
車麩は水でもどして、食べよい大きさに切り、固く絞る。
鍋にだしと調味料、玉ねぎ、人参を入れて2〜3分煮て、車麩を入れて10分ほど煮る。
玉葱は薄切り、人参は千切り、ミツバは洗って1〜2cmに切る。
溶き卵を2回に分けて回しかけて、半熟になったら三つ葉を散らして火を止める。蓋をして蒸らす。
材料:車麩 40g、鶏のもも肉 150g、人参 50g、小松菜 60g、生シイタケ 3個、
   小麦粉 大さじ2杯、だし汁 400cc、みりん 大さじ2杯、
   砂糖 小さじ1杯、醤油 大さじ1杯、小麦粉 大さじ1杯、わさび 適量
車麩と鶏肉の治部煮風
車麩は水でもどして、食べよい大きさに切り、固く絞る。
鶏肉は食べよい大きさに切る。
人参は輪切り、生シイタケは半分に切る。
鍋にだし汁と調味料と人参を入れる。
小松菜は、洗って4〜5cmに切る。
人参が軟らかくなったら、シイタケと車麩、鶏肉に小麦粉をまぶして、余分な小麦粉をはたいてから鍋に入れる。
材料:長芋 300g、しめじ 1/2パック、バター 15g、醤油 小さじ1杯
車麩のフレンチトースト
長芋は皮をむき、1cm角の拍子切りにし、5分ほど水に浸し、ざるにあげる。
フライパンにバターを入れ、バター、長芋、しめじを入れて加熱する。フライパンをやさしく前後に動かしながら、焼くように炒める。焼き目が付いたら、醤油をまわしかける。
しめじは、石づきをとり、1本ずつ裂いておく。