旬 友藤弘子
根菜シチュー

食の安全とTPP その@

 昨年は水害や気温の影響で一時期野菜が高く、特に葉物が買えない時期もありました。地球規模の温暖化の影響とのこと。工業製品と違い農産物は自然環境に大きく左右されます。
 地球温暖化とテロは関係しており、シリアなどでは農地の砂漠化で収穫できなくなった農地を捨て、都市になだれ込んだ農民たちは生活ができず、政府に対する不信不満となり、それがテロを起こす原因になっているとも指摘もされています。
 このような状況の中で、日本政府は環太平洋連携協定(TPP)に「大筋合意」しました。関税は国民の食料を安定的に確保し農産物を守るために設定されているものです。この関税を殆ど撤廃することに合意をしたのです。農業のダメージはものすごく大きいのです。農水産省の試算でも食料自給率は大幅に減少することが発表されています。地球温暖化の影響による世界的な食料不足が予想されています。日本政府は「攻めの農業」とか「輸出できる農業」とか言っていますが、国民の安定的な食料確保を第一に考えるべきだと思います。
 「TPPの大筋合意」の詳細な内容は、発表されていません。国民に知られてはいけない合意事項があるからと勘ぐられても仕方ないですよね。アメリカの議会でもでも反対があり問題になっているそうです。日本政府はTPPに「大筋合意」しましたが、国会で批准されないかぎり実行力はありません。批准させないようにしたいものです。



ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:鶏肉(手羽肉) 300g、大根 200g、里芋150g、ごぼう 60g、
   人参 100g、れんこん 70g、固形のスープの素 1個、塩 小さじ1/2杯
手羽肉と根菜のシチュー
手羽肉は熱湯をかけ霜降りにする。
全ての材料を鍋に入れかぶるぐらいの水とスープの素を入れ、あくをとりながら軟らかくなるまで煮る。味を見て塩を加える。
野菜類は皮をむき、一口大に切る。ごぼう、れんこん、里芋は5分ほど水に浸す。
材料:鶏肉(モモ肉)200g、かぶ 大1個、人参 70g、れんこん 100g、
   しめじ 1/2パック、白味噌 80g、昆布 10cm
かぶの白味噌和風シチュー
かぶは皮をむき大きめの乱切りにする。
しめじは石づきをとり、ほぐしておく。
人参は皮をむき乱切りにする。
鍋に水1000ccと昆布を入れ、沸騰したら鶏肉、かぶ、人参、レンコンを加え、株が軟らかくなったらしめじを入れる。白味噌を入れ味を整える。
れんこんは皮をむき半月切りにして5分ほど水にさらす。