旬 友藤弘子
黒豆
 黒豆は大豆の品種の一つです。古くから栽培され、丹波地方の黒大豆が有名です。お正月に黒豆を食べるのは「マメに暮らせるように」という願いや、黒い色は邪気を払うと信じられ「禍を防ぐ」祈りから食べられるようになったと言われています。
 黒豆は6月ごろ種を植え、半年かけ12月に収穫し乾燥します。12月に収穫された新豆は扱いやすいのですが、1年前に収穫された古豆を煮ても、なかなか柔らかくならないことを経験された方も多いのではないでしょうか。常温で保存された豆は水分が少なくなっているからです。でも、低温貯蔵された豆は新豆と変わらないとのことです。家庭では気温が高い時期は冷蔵庫保存が必要です。
 黒豆は「畑の肉」と言われる大豆の仲間ですから栄養価が高くタンパク質が豊富に含まれています。脂質、糖質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB、ビタミンE、食物繊維なども豊富です。また、女性ホルモンの働きをする「イソフラボン」が多いことも特徴です。「イソフラボン」は更年期障害や骨粗鬆症の予防に効果があります。大豆との違いは、黒色の成分である「アントシアニン」を含んでいることです。「アントシアニン」はポリフェノールの一種で強力な抗酸化成分です。活性酸素の害を防ぐ効果が期待できます。



ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:お米 2カップ、黒豆 30g、塩 小さじ1/4杯
黒豆ごはん(藤ご飯)
ご飯が薄い紫色になるので藤の花の色から「藤ご飯」とも呼ばれます。
炊飯の途中でポップコーンのようないい香りもしますよ。
黒豆は洗って水分を切り、フライパンで皮が少しはじけるまで炒る(焦がさないように)。
お米は洗って炊飯器に入れ、規定の目盛まで水を入れる。の黒豆と塩を入れ普通にたく。
材料:黒豆 1カップ、砂糖 2カップ、 水 5カップ、
   濃口醤油 大さじ1杯、古釘 2本
黒豆煮
黒豆は洗ってゴミを除く。
に古釘を入れ強火で加熱する。煮立ったら弱火にし、泡をとりながら加熱する。
鍋に砂糖と水を入れ、砂糖が溶けるまで加熱する。
煮汁から豆が出ないように落し蓋をして差し水をしながら気長に加熱する。
に黒豆を入れ一晩置いておく。
好みの硬さになったら古釘を取り出し、醤油を入れて火を止める。
材料:黒豆煮 80g、小麦粉 80g、砂糖 50g、牛乳 大さじ2杯、
   水  20cc、黒豆の煮汁 20cc、ベーキングパウダー 小さじ1杯
黒豆蒸しパン
小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを一緒にふるってボールに入れる。
に牛乳、水、黒豆煮を入れて軽く混ぜ合わせて、紙のカップに入れて強火で15分蒸す。