旬 友藤弘子
大根 その2
 冬の食卓に欠かせない大根。1年中出回りますが、寒い季節が旬です。大根の種類は多く各地方に独自の品種がありましたが、現在は青首大根が主流です。病気に強く、甘くて柔らかいため全国的に栽培されています。私のふるさと石川県では「源助だいこん」が伝統野菜として栽培されています。ずんぐりとした形で真白いだいこんです。煮物にすると柔らかく煮崩れせず、だしがよくしみ込むのが特徴です。生でもシャリシャリとして甘い美味しい大根です。京都の聖護院大根、鹿児島の桜島大根、三浦大根、守口大根、辛味大根などが有名です。道の駅などで見かけたらぜひ購入して食べてみてください。

ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:大根 300g、桜えび 15g、青ネギ 30g、白玉粉 100g、
    薄口醤油 大さじ1杯、ごま油 大さじ2杯
大根餅
大根は皮をむき、細いせん切りにする。
フライパンに、ごま油大さじ1杯入れて加熱し、の半量を入れて1cmぐらいに伸ばす。中火で両面に焦げ目が付くまで焼く。
青ネギは小口切りにする。
残りも同じように焼き、食べやすい大きさに切り分けてお皿に盛り、残しておいた青ネギの小口切りをのせる。
ボールにの大根、青ネギの2/3、桜えび、白玉粉、薄口醤油を入れよくかき混ぜる。
材料:大根 300g、ツナの缶詰 1缶(80g)、塩 小さじ1/4杯
大根とツナのサラダ
大根は皮をむき、たんざく切りにし、塩をまぶして15分ほど置く。
大根の水分を切り、ツナと混ぜ合わせる。
材料:大根の皮 50g、 酒 大さじ1杯、醤油 大さじ1杯
大根の皮の即席漬け
大根の皮はよく洗って色紙切りにする。
酒と醤油を合わせた中にの大根の皮をつける。
材料:大根 2cmの厚みを4枚(300gぐらい)、ごま油 大さじ1杯、醤油 大さじ1杯、
    みりん 大さじ1杯、砂糖 小さじ1杯、花かつお 5g
大根ステーキ
大根は皮をむき、2cmぐらいの輪切りにし15分ほど硬めに茹でる。
大根の両面に焦げ目が付いたら、の調味料を回しかけて煮詰める。
フライパンにごま油を入れて加熱し、のだいこんを入れる。
お皿に盛り、花かつおをかける。
醤油、みりん、砂糖を合わせておく。