旬 友藤弘子
ご意見お寄せ下さい。
レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
新米で焼きおにぎり 旬の味噌汁
 収穫の秋、味覚の秋、そして収穫に感謝する秋祭りなど、秋は豊かでにぎやか季節です。しかし、稲作農家にとっては、今年はお米の価格が暴落しコストも出ない状況です。私の友人がリタイアしてから、京都の丹後で農業を始めました。収穫したお米は、一等米の評価を受けまずまずの出来だったと報告がありました。でも、お米の引き取り価格が低く、肥料代や稲刈り、籾摺り代などの実費を差し引くと数万円の赤字だそうです。米作りに必要な機械代などは計算外で、全ての必要経費を含めると大赤字で、農業の厳しさを実感しているとのこと。これでは収穫の喜びも半減です。このままでは、私たちの食を支える農業の担い手がいなくなってしまいます。
 政府は、国民の主食であるコメの需給調整を放棄し市場経済に丸投げしていることが一


因です。さらに、政府が推し進めようとしているTPP(環太平洋パートナーシップ協定)は、関税を撤廃し自由貿易をさらに推し進めようというものです。各国の食や農のなりたちや食文化など無視し多国籍企業が自由に活躍できる場を提供するものです。TPPから撤退し、収穫の喜びをともに味わえる農業にしたいものです。
 お米をめぐる状況は厳しいですが、新米はぴっかとひかり、本当においしいですね。炊き立てご飯のおにぎりは特においしいです。コンビニエンスのおにぎりとは比較になりません。自分で作って食べ比べてください。今月のレシピは、おにぎりにちょっと手を加えて「焼きおにぎり」にしました。焼きおにぎりに具たくさんの味噌汁がおすすめです。


材料:炊き立てごはん 1合分、醤油 大さじ1.5杯 
焼きおにぎりしょうゆ味
炊き立てご飯でおにぎりをにぎる(約3個)。
フライパンでおにぎりの各面を焼く。焦げ目が付いたら、刷毛でしょうゆをぬり再度焼しょうゆく。(醤油をつける前にしっかり焼くと、醤油のしみこみが少なく、塩分を少なくすることが出来ます)。
材料:炊き立てごはん 1合分、味噌 大さじ1杯、みりん 小さじ2杯
焼きおにぎり味噌味
味噌にみりんを少々加え、軟らかくする。
炊き立てご飯でおにぎりをにぎる。
フライパンでおにぎりの各面を焼く。片面に味噌を塗り、オープントースターで味噌に焦げ目がつくまで焼く。
材料:炊き立てごはん 1合分、すりごま 大さじ1杯、醤油 小さじ1杯
焼きおにぎり胡麻醤油味
すり胡麻にしょうゆを加えるる。
炊き立てご飯でおにぎりをにぎる。
フライパンでおにぎりの各面を焼く。片面に胡麻を塗り、オープントースターで軽く焼く。
材料(2人分):しいたけ 2枚、しめじ 1/4袋、えのき1/4袋、豆腐 100g、
        だし 400t、味噌 大さじ2杯、青ネギ(青菜)少々
干しきのこの味噌汁
しいたけは石突きをとり細切り、しめじは石突きをとり2〜3本ずつほぐす。舞茸は手で縦にさく、えのきは石突を取り1〜2cmの塊にほぐす。きのこ類を1日天日で干す(干すとうまみが増す)。
だしを加熱し、沸騰したらの干しきのこと人参を入れ、人参が軟らかくなったら味噌を入れる。
器に盛り、青ネギ(青菜)をのせる。
材料(2人分):大根 50g、人参 20g、ごぼう 40g、里芋 40g、
        だし 450t、味噌 大さじ2杯、七味唐辛子 少々、
        青ねぎ(青菜)少々、しょうゆ 小さじ2杯
根菜味噌汁
大根と人参は皮をむき、いちょう切りにする。
4 だしにを入れ、軟らかくなったら味噌を溶き入れる
ごぼうは皮を洗って、ささがきにして水に5分ほどつける。
仕上げに青ネギ(または青菜)としくみ唐辛子をふる。
里芋は、洗ってから、ラップにくるんで電子レンジで2〜3分加熱し皮をむき半月切りにする。
材料(2人分):キャベツ 50g、ベーコン 20g、じゃがいも 50g、
        人参 10g、だし 400t、味噌 大さじ1杯
キャベツとベーコンの味噌汁
キャベツは短冊切りに、人参は千切りにする。。
じゃがいもは細切りに、ベーコンは1pに切る。
だしにを入れ、じゃがいもが煮えたら、味噌と溶き入れる。