旬 友藤弘子
すっぱい成分で疲労回復レシピ
 気温が高くなると「熱中症」が問題になります。特に、水分不足を感じにくい高齢者で注意が必要です。水分はこまめに飲むことが大切です。すぐに飲めるようにお茶や水を準備しておきましょう。食事として水分の多い汁物や果物をとることも有効です。
 ところで、1日の水分の摂取量ですが年齢や体重、環境によりちがいます。普通の生活では食事以外に1日1.5リットルぐらいが適量ではないかと言われています。水分は、不足も危険ですが、取りすぎも問題があります。水分を取りすぎると胃液が薄まり消化不良を起こしたり、食欲不振で疲れやすくなったりします。また、日本人は塩分を取りすぎていますので、塩分が含まれた飲料水を常時飲むこともあまりおすすめできません。汗をたくさんかいた時に塩分をプラスするぐらいがいいのです。
 昔から、たくさん汗をかいたときは、「番茶に梅干し」といわれてきました。梅干しに含まれるすっぱい成分クエン酸は、疲労回復成分です。食欲アップにも有効です。梅干し、食酢、かんきつ類などにはクエン酸が多く含まれています。

ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:きゅうり 1/2本、パプリカ 2個、みょうが 3〜4個、酢 100t、
   砂糖 大さじ2杯、塩 小さじ1/2杯、土生姜 1かけ
夏野菜のピクルス
きゅうりはところどころ皮をむきステックに切る。
みょうがは1/4か1/6ぐらいに、土生姜は千切りにする。
パプリカは、丸のままグリルかオープントースターで皮が黒く焦げるまで焼き冷水にとり薄皮をむく。種を取り縦2〜3cmに切る。
調味料を合わせを漬ける。
材料:米 2カップ、玉ねぎ 200g、にんにく 1片、レモン汁(国産があれば1/2個)
   大さじ2杯、チキンスープの素(顆粒)大さじ3杯、オリーブ油 大さじ2杯、
   塩 小さじ1/2杯、胡椒 少々、パルメザンチーズ 大さじ2杯
レモンリゾット
玉ねぎとにんにくは皮をむきみじん切りにする。
玉ねぎが半透明になるぐらいまで炒めたら米を入れ、米が半透明になるまで炒める。
水900tにチキンスープの素を入れてスープを作っておく。
スープとレモン汁(国産レモンの皮はみじん切りにして加える)、塩を加え弱火で米が軟らかくなるまで(20分ぐらい)。加熱する。途中水分が足りなくなったら水を加える。
水900tにチキンスープの素を入れてスープを作っておく。
出来上がりに胡椒とパルメザンチーズをふる。あればバジルの葉を飾る。
材料:豚肉薄切り(しゃぶしゃぶ用)200g、もやし 1袋、梅干し 2個(30g)、
   砂糖 小さじ2杯、酢 小さじ1杯  薄口しょうゆ 小さじ2杯
もやしの豚肉巻き
豚肉を1枚ずつ広げ、親指の太さぐらいの量のもやしをのせて巻く。
梅干しは種を取り、包丁で細かく刻み砂糖、酢を入れドレッシングをつくり、にかける。
耐熱容器にの巻き終わりを下にして並べ、ラップをして電子レンジで4分加熱する。
材料:茄子 2個  青しそ 2〜3枚、みょうが 1個、梅干し 1個(15g)、
   砂糖 小さじ1杯、酢 小さじ1杯
蒸し茄子の梅ドレッシング
茄子はへたを切り取り、縦に1/6〜1/8に切り水に放つ。
梅干しは種を取り、包丁で細かく刻み砂糖、酢を入れたドレシングをつくる。
耐熱容器にの茄子を並べラップをして電子レンジで5分加熱し、冷水にとる。
青じぞは千切り、みょうがはみじん切りにして茄子に混ぜ合わせる
※梅干しの塩分により、砂糖の量は調整する。
材料:鶏手羽 200g、塩 小さじ 1/4杯、梅干し 1個(15g)、みりん 小さじ2杯、
   味噌 小さじ2杯、砂糖 1/2杯
鶏手羽の梅味噌かけ
手羽肉に塩をふりかけ15〜20分ぐらいおいて、水分を拭き取り、グリルで焦げ目がつくぐらいまで焼く。
梅干しは種を取り、包丁で細かく刻み、みりん、砂糖、みそと合わせよく混ぜの肉に乗せる。