旬 友藤弘子
新じゃが その2
 新じゃが・新玉葱など春に収穫される野菜は、みずみずしく、特別新鮮に感じられますね。新じゃがという名前は、じゃがいもの種類ではなく、産地でその年に初めて収穫されたじゃがいものことをいいます。小粒で皮が薄いので皮付きのままゆでると、するっと皮がむけます。塩をふりかけて食べるとおいしいです。
 家庭菜園でじゃがいもを作っていますが、栽培期間の短さに驚かされます。玉ねぎは、秋に植えて翌年の6月に収穫するので半年以上もかかりますが、じゃがいもは、植付けてから3か月ほどで収穫できます。栄養的にはビタミンCが豊富で加熱しても壊れにくいのが特徴です。

ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:新じゃが 60g、小麦粉 小さじ2杯、パルメザンチーズ 小さじ2杯、
   卵 2個、油 小さじ1杯、塩 少々
新じゃがのガレット卵のせ
新じゃがは、皮をきれいに洗って千切りにし、小麦粉とパルメザンチーズを加えて混ぜ、二等分しておく。(じゃがいもは水にさらさない)
フライパンに油をひき、の二等分したじゃがいもを入れて真ん中を少し開けて焼く。焦げ目がついたら裏返して同じように焼く。真ん中に卵を割り入れ塩をふり、卵を好みの硬さに焼く。
材料:白身魚切り身 2切れ(120gぐらい)、新じゃが 60g、小麦粉 小さじ2杯、
   塩・胡椒 少々、オリーブ油 大さじ1杯、白ネギ 1本
白身魚の新じゃが包み焼
白身魚に塩・胡椒をふる。
白身魚の両面にをはりつけ、油を引いたフライパンで中火で両面を焼く。
新じゃがは皮をきれいに洗って、スライサーで薄切りにして小麦粉を入れよく混ぜる。
白ネギを焼き、付け合わせにする。
材料:新じゃが 100g、ウインナー 60g、ミニトマト 5〜6個、塩・胡椒 少々、
   油 小さじ2杯
新じゃがとウインナーのソテー
新じゃがは皮をきれいに洗って、1.5〜2pぐらいの輪切りにする。
途中でミニトマトを加え、じゃがいもとウインナーに焦げ目がつくぐらいまで炒め塩コショウで味をととのえる。
ウインナーも同じく輪切り、ミニトマトはへたを取り、輪切りにする。
器に盛り、あればローズマリーをのせる。
フライパンに油を引き、じゃがいもとウインナーを炒める。
材料:新じゃが 250g、玉葱 60g、だし 400t、豆乳 400cc、
   練りごま 大さじ1杯、塩 小さじ1/2杯、スナップエンドウ 5〜6個
新じゃが和風スープ
新じゃがは皮をきれいに洗って、薄切りにして、だしを入れた鍋にすぐに入れる。
を鍋に戻し、ねりごま、豆乳を、塩を入れて温める(沸騰しないように注意)。
玉葱も薄切りにし、に加えてやわらかくなるまで加熱する。
スナップエンドウの筋を取り、塩ゆでしたものをスープに浮かせる。
をミキサーにかける。