旬 友藤弘子
お酒のおつまみ
 ビールのおいしい季節です。適量のアルコールは暑さで減退した食欲をアップさせてくれます。でも、冷たいアルコール類はから揚げや焼き鶏など脂っこいものや味の濃い食べ物とよく合います。ついつい食べすぎカロリーオーバーで太ってしまったり、栄養のバランスを欠き体調を崩したりしがちです。おつまみは油ものや塩分を控え、野菜類が不足しないよう気をつけましょう。アルコールを飲むとビタミンB1を多く消耗します。ビタミンB1が多い食品は、豚肉(赤身の部分)、豚肉加工品(ハム、ベーコン)、大豆、大豆食品(豆腐、油揚げなど)、枝豆、豆類(そらまめ、さやえんどうなど)です。また、にんにく、ニラ、玉ねぎ、ネギなどに含まれる「アリシン」は、ビタミンB1の吸収をアップさせてくれますので、一緒にたべるとビタミンB1を効率よく摂取できます。

ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:すし揚げ 8枚、もやし 一袋、 にら 30g、大根おろし 200g
もやしとニラの油揚げ詰め
すし用の油揚げは、端の一片を切り落とし、中を袋状にひらく。
フライパンでの両面に焦げ目がつくまで弱火で焼く
ニラは洗って3〜4cmぐらいに切り、もやしと混ぜ合わせる。
大根おろしを添える。しょうゆをかけて食べる。
の油揚げの中にを詰めて、楊枝でとめる。
材料(4人分):卵 3個、だし 600cc カニかまぼこ 30g、枝豆(ゆでたもの)30g、
        塩 小さじ1杯、淡口しょうゆ 小さじ1杯、片栗粉 小さじ1杯
冷たい茶碗蒸し枝豆入あんかけ
卵3個(150g)を割りほぐし、だし450cc、塩小さじ1杯加え、よく混ぜてざるでこす。
の卵液を器に入れ、蒸し器で7〜8分蒸す。
※鍋に茶碗蒸しの器の1/3ぐらいの水を張り、沸騰したら中火にして茶碗蒸しの器を入れ、鍋のふたを少しずらして蒸す)。
残りのだしを鍋に入れ、淡口しょうゆを加え沸騰したら、ほぐしたカニかまぼこと枝豆を加えあくをとる。水溶き片栗粉を加えひと煮立ちしたら火からおろし、冷やしておく。
蒸しあがったら冷やしてのあんをかける。
材料:大根 150g、きゅうり 2本、茗荷 1個、青じそ 2〜3枚
ばりばりサラダ
大根は皮をむき、5mmぐらいの厚さのいちょう切りにする。
全部を混ぜ合わせ、食べるときにポン酢をかける。
きゅうりはすりこぎや包丁の柄でたたいて乱切りにする。
茗荷と青じそは、細切りにする。
材料:きゅうり 2本、梅干(種を除いたもの) 20g、砂糖 小さじ1杯
たたききゅうりの梅肉あえ
きゅうりは、すりこぎや包丁の柄でたたいて乱切りにする。
梅干は細かく包丁でたたき、砂糖を加えてよく混ぜ合わす。
のきゅうりに梅肉をかける
材料:かぼちゃ 150g、枝豆(ゆでた豆) 30g、カマンベールチーズ(またはプロセスチーズ) 30g、塩 少々、マヨネーズ 大さじ1.5杯
かぼちゃ枝豆サラダ
かぼちゃは種をスプーンでくりぬき、小さめの乱切りにし、電子レンジで4分加熱し、塩少々加え熱いうちにスプーンでつぶしておく。
のかぼちゃ、枝豆、チーズ、マヨネーズを合わせる。
チーズは、5mmぐらいの角切りにする。
材料:鶏手羽なか半割り 300g、はちみつ 小さじ2杯、しょうゆ 小さじ2杯、
    七味とうがらし 小さじ1/2杯
鶏手羽なか 七味焼き
全部合わせ、鶏肉をつけこむ。もみこんで10分おいておく。
グリルかオープントースターで両面に焦げ目がつくまで焼く。