旬 友藤弘子
食欲増進レシピ
 今年の夏も暑いですね。いつもの年よりも今年は節電。我が家の地域は関西電力より「計画停電対象外」の通知が届きました。どのような基準になっているのやら分かりません。「計画停電」は大飯原発を動かすための「脅し」のようで腹が立ちます。「原発」は何百年後の人たちにまで、ずーと「大きなつけ」を残す核廃棄物を出し続けることも真剣に考える必要があると思います。

 原発問題でさらに暑くなりそうですが、体を動かしていい汗かきましょうね。汗は体の熱を発散させるクーラーの役割があります。また、土生姜や、みょうが、カレー粉などのスパイスなどを利用して食欲を刺激しましょう。

ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:米 2カップ、土生姜 70g、油揚げ 30g、だし 2カップ、
   酒  大さじ1杯、淡口醤油  小さじ1杯、塩  小さじ1/3杯
生姜ごはん
お米は洗って、だし、調味料と目盛りまで水を足して30分ほど置く。
土生姜はみじん切り、油揚げは熱湯をかけて油抜きをしてみじん切りにし、@のお米に混ぜ、普通に炊く。
材料:米 2カップ、みょうが 2個、青じそ 5枚、梅干 2個
梅しそみょうがごはん
お米は洗って普通にたいておく。
みょうが、青しそは千切りにする。
炊き上がったごはんを少し冷ましてからと、梅干を手でちぎって入れよく混ぜる。
材料:合い挽きミンチ 200g、玉ねぎ 150g、ピーマン 2個、きゅうり 1本
   カラーピーマン 1個、人参 30g、にんにく 一片、油 大さじ1杯
   塩 小さじ1杯、カレー粉 小さじ1杯半、胡椒 少々
夏野菜のドライカレー
にんにくを除く野菜はすべて8mm角ぐらいの荒みじんに切る。
肉の色が変わったら玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしたら人参を入れて炒める。
にんにくはみじん切りにする。
2〜3分炒め、他の野菜を全部入れて炒め、塩、カレー粉、胡椒で味を調える。
フライパンに油大さじ1杯入れて、にんにくを炒める。にんにくの香りがたったらミンチを入れて炒める。
材料:じゃが芋 200g、玉ねぎ 150g、オリーブ油 小さじ2杯、水 300cc
   スープの素 小さじ1杯、牛乳 400cc、塩 小さじ1/2杯、 バジル  適量
冷たいじゃが芋スープ
じゃが芋は薄くスライスして水に5分ほどつけ、ざるにあげる。
鍋にのたまねぎ、じゃが芋、スープの素、塩、水を入れてじゃが芋が軟らかくなるまで煮る。を入れて広げる。
玉ねぎは薄切りにする。
少し冷ましてから野菜の形がなくなるまでミキサーにかける。
フライパンにオリーブ油を入れ、の玉ねぎを薄く色付くまで炒める。
に牛乳を加え、良く混ぜてから冷蔵庫で冷やす。
器に盛り、バジルの葉をそえる。
材料:きゅうり 2本、土生姜 50g、煮物つゆ(濃縮タイプ) 大さじ2杯
きゅうりの生姜あえ
きゅうりは細長い棒状に切る。
土生姜はすりおろす。
ビニール袋にきゅうりと土生姜、濃縮タイプの煮物つゆを入れて少しもんでから、冷蔵庫で半日から1日ぐらいねかす。きゅうりから水分が出たころが食べごろ。