旬 友藤弘子
温かい汁物
 気温が低い季節は、あたたかいスープで体の中から温まりましょう。スープにすると野菜のかさが減り野菜をたっぷり食べることができます。ビタミン、ミネラルなどの栄養素もスープにとけでているので効率よく摂取できます。また、スープは、水分が多くお腹が膨れるのでダイエットにも有効です。
 冬が旬のレンコンは、昔から咳止めとして利用されています。五穀米は、白米に不足するミネラルや食物繊維を補い栄養のバランスが良くなります。


ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイト
で取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
 ご意見は
こちらへ
材料(4人分):鶏肉 120g、レンコン 100g、ごぼう 60g、大根 150g、
        人参 60g、だし 500c、豆乳〔無調整〕 200cc、塩 小さじ1/2杯、
        淡口醤油 小さじ1杯、ねぎ〔または三つ葉〕 少々
根菜の豆乳スープ
鶏肉は一口大の大きさに切る。
鍋にだし、れんこん、ごぼう、大根、人参を入れてあくをとりながら煮込む。大根が軟らかくなったら鶏肉を入れて5〜6分煮る。
レンコンは皮をむき乱切り、ごぼうは皮を洗って乱切りにしてれんこんと一緒に水に5分ほどつけておく。
に豆乳を入れ、塩、淡口醤油で味をつける。豆乳が煮立たないよう直前で火を止める。
大根は皮をむき、人参とともに乱切りにする。
三つ葉またはねぎの小口切りを添える。
材料(4人分):さつま芋 200g、玉ねぎ 100g、ベーコン 20g、牛乳 400cc
        顆粒スープの素 小さじ2杯、塩 小さじ1杯、クラッカー 2〜3枚
さつまいものスープ
さつま芋は、皮付きのまま輪切りにし、水に5分ほどつけておく。鍋に水500ccとさつま芋を入れ加熱する。
の荒熱がとれたら、ミキサーでポタージュ状態にする。
玉ねぎは薄切り、ベーコンは小口切りにする。
を鍋にもどし、塩小さじ1杯と牛乳400ccを加える。牛乳が沸騰する直前で火を止める。
フライパンに油を入れ、を炒める。玉ねぎが色づいたらの鍋にいれ、さつまいもが軟らかくなるまで加熱する。
器に盛り、クラッカーを割ってのせる。
のどにやさしいスープ
材料(2人分):レンコン 200g、里芋 60g、だし 400cc 、塩 小さじ1/4杯
        淡口醤油 小さじ1杯 、おろし生姜 少々
れんこんのすり流し汁
里芋は泥を落として皮付きのままゆでる。里芋に竹串がさっと通るぐらいになったら水にとり皮をむく。茹でてから皮をむくと手がかゆくならない。小さな乱切りにする。
レンコンは皮をむいてすりおろし、すぐにの鍋に入れる。塩、淡口醤油で味をつけひと煮立ちしたら火を止める。器に盛り、おろし生姜をそえる。
鍋にだしと里芋を入れ加熱する。
材料(4人分):五穀米(雑穀ブレンド)60g、玉ねぎ 100g、人参 60g、じゃが芋
        100g、青ねぎ 少々、顆粒スープの素 大さじ2杯、水 カップ4杯、
        塩・胡椒 少々
茗荷味噌
玉ねぎ、人参、じゃが芋は1cm角に切る。
弱火で20分ほど煮込み、塩、胡椒で味を調え、小口切りのねぎを入れ、火を止める。
鍋にと、水、スープの素を入れ加熱する。アクをとりながら5分加熱し雑穀を入れるの茗荷、味噌、みりん、酒を入れて、火にかけ水分をとばす。