旬 友藤弘子
せり
 春の七草でよく知られているせりは、数少ない日本原産の野菜のひとつです。香りの良さ、しゃきしゃきした歯ざわりが特徴で、汁物の薬味、あえものなどによく利用されています。せりの名の由来は、競り合うように伸びることからつけられたそうです。水耕栽培などで周年出荷されていますが、旬は1〜4月です。野生のせりは、湿地、田、湧き水のあるところに自生しています。栽培されたせりと比較して、背丈が低く香りが強いのが特徴です。毎年、京都の北山にせりを摘みにでかけます。5月になるとドクゼリが出始めるので注意が必要です。

 栄養成分は、カロテン、ビタミンCが豊富な緑黄色野菜です。ナトリウムを排泄してくれるカリウム、貧血予防の鉄分、妊婦さんに必要な葉酸、食物繊維も多く含まれています。
 せりを根から3〜4cmぐらいに切り取り、コップやガラス瓶にさして水をはり、暖かいところにおいておくとすぐに茎が伸びてきます。薬味として利用できますよ。また、根を土に植えると、地を這うように伸びてきます。我が家では、庭に植えています。


ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:鶏もも肉 100g、せり 100g、人参 60g、しいたけ 6個、
   だし 300cc、砂糖 大さじ1杯、醤油 大さじ1杯半、酒 大さじ2杯、
   片栗粉 大さじ1杯半、わさび  適量
せりのじぶ煮
鶏肉は15〜20gのそぎ切りにする。
鍋にだし、砂糖、しょうゆ、酒、人参を入れて加熱し、人参が軟らかくなったら、しいたけを入れる。
人参は、5mmぐらいの輪切りにする。
の鶏肉に片栗粉をまんべんなくまぶし、余分な片栗粉を払ってに入れる。
しいたけは、石づきを取り大きなものは半分に切る。
4〜5分加熱し、のせりをいれ、ひと煮立ちしたら火を止める。
せりは、洗って根を切り落とし4〜5cmに切る。
器に盛り、わさびをそえる。
材料:ごはん 2カップぐらい、ちりめん雑魚 15g、 醤油 小さじ1/2杯、
   せり 40g
せりの混ぜご飯
鍋かフライパンでちりめん雑魚をから煎りし、しょうゆ小さじ1/2杯で味をつける。
せりは、洗って根を切り落とし、さっと塩茹でする。水分を絞って1cmぐらいに刻む。
たきたてごはんにを混ぜ合わせる。
材料:せり 100g、ベーコン 20g、卵 1個、塩・胡椒 少々
せりとベーコンのソテー
せりは、洗って根を切り落とし4〜5cmに切る。
ベーコンから油が出たら、のせりをいれ、塩・胡椒をふる。
ベーコンは1cmぐらいに切る。
に溶き卵を入れ、さっとかき混ぜて火を止める。
フライパンに引き油を少量入れ、ベーコンを炒める。
材料:せり 60g、 だし 大さじ1杯、醤油 小さじ1杯、砂糖 小さじ1/2杯、
   炒りゴマ 小さじ1杯
せりのごまあえ
せりは、洗って根を切り落とし、さっと塩茹でする。水分をしぼって4〜5cmに切る。
調味料を合わせ、と合わせる。
材料:せり60g、スイートコーン(ドライパックまたは缶詰)50g、玉ねぎ 60g、
   ミニトマト 50g、ドレッシング 適量
せりサラダ
せりは、洗って根を切り落とし4〜5cmに切る。
玉ねぎは薄切り、ミニトマトは半分に切る。
とスイートコーンを合わせる。ドレッシングをかける。