旬 友藤弘子
菜花
 菜花(なばな)は、アブラナ科の野菜(なたね、小松菜、青梗菜など)の花茎・若葉を収穫したものです。花菜(はなな)、アブラナ、ナタネナとも呼ばれています。アブラナ科の野菜の若いつぼみを収穫したものが「菜の花」です。2〜3月に店頭に並びます。ほんのりした苦味がおいしい「春を告げる野菜」として、ひな祭りには欠かせない野菜です。
 京都では、「菜の花の塩漬け」が特産品です。緑と黄色の色がきれいな漬物です。左京区松ヶ崎では、3月〜4月に菜の花を摘んで、塩と米ぬかで醗酵させた「花付け」が有名です。塩漬けと違い、茶色で独特の風味が

あります。4月下旬になると生産者の自宅の前で販売されています。
 菜花は、ビタミン(カロテン、ビタミンB1、ビタミンC)、ミネラル(カリウム、カルシウム、鉄)、食物繊維が豊富に含まれている緑黄色野菜です。ビタミンCは、小松菜の3倍もあります。苦味の成分の「イソチオシアネート」は、血液さらさらにしたり、がん予防に効果があるされています。この成分は、すりおろしたり細かく刻んだりすると発生するので、よくかんで食べましょう。
 購入したら、さっと塩湯でして保存しましょう。冷凍すると長期間保存可能です。



ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
材料:菜の花(or菜花)100g、だし 大さじ1杯、醤油 小さじ1杯、
   ねりがらし 少々
菜の花の辛子和え
菜の花は、さっと塩茹でする。
調味料をよく混ぜ合わせ、菜の花とあえる。
材料:菜の花 200g、卵 2個、砂糖 小さじ1/2杯油、 醤油 小さじ1/2杯、
   塩 小さじ1/4杯、油 小さじ1杯
菜の花卵炒め
菜の花は、さっと塩茹でする。
フライパンに油を油を引き、の菜の花を炒め塩をふる。菜の花に油がまわったら、溶き卵を流しいれ大きくかき混ぜて火を止める。
卵を割りほぐし、砂糖、醤油を入れ、かき混ぜておく。
材料:菜の花 100g、だし 大さじ1杯、醤油 小さじ2杯、砂糖 小さじ1/2杯、
   花かつお 適量
菜の花のおひたし
菜の花は、さっと塩茹でする。
調味料を合わせ、の菜の花と合え、花かつおをかける。
材料:菜の花 100g、生しいたけ 2個、醤油 小さじ2杯、砂糖 小さじ1/2杯
菜の花の焼きしいたけあえ
菜の花は、さっと塩茹でする。
調味料を合わせ、とあえる。
しいたけは石づきを取り、グリルかオープンとスターで焼き、千切りにする。
材料:菜の花 200g、ツナ(オイル漬け)80g、コーン(ドライパック)30g、
   醤油 小さじ1杯
菜の花とツナのサラダ
菜の花は、さっと塩茹でする。
にツナ、コーン、醤油を加えあえる。