旬 友藤弘子
ブロッコリー
 ブロッコリーはキャベツの仲間です。年中出回っていますが、旬は11月から3月と初夏です。ビタミン、ミネラル、食物繊維の豊富な栄養価が高い野菜です。中でもビタミンCの含有量が多く、レモンの1.2倍もあります。最近注目されているのは、抗がん作用をもつスルフォラファンを含んでいることです。アメリカ国立がん研究所のがんを防ぐ食品の上位に掲載されています。(2008年3月「旬とレシピ キャベツ」のページ参照
 購入するときは、緑色が濃くこんもりと丸みがあるものを選びましょう。黄色くなっていず花が咲いていないものが新鮮でおいしいものです。輸入物は、時間をかけて運んでくるため色が黒ずんでいますし、ビタミンCの含有量も減少しています。新鮮な国産のブロッコリーを選びましょう。
 ブロッコリーは劣化が早く購入したらできるだけ早く使い切りましょう。

ご意見お寄せ下さい。
 レシピを作った感想や、ご意見、ご質問、また、このサイトで取り上げてほしい内容などありましたらお寄せ下さい。
ご意見は
こちらへ
チキンとブロッコリーのハーブ焼き
材料:鶏肉(モモ肉)200g、ブロッコリー 1株
   オリーブオイル 大さじ1.5、塩 小さじ1/2 胡椒 少々、ロースマリー 2本
チキンとブロッコリーのハーブ焼き
鶏肉は皮の方にフォークでところどころ穴を開け、裏側の身の部分は火が通りやすいように包丁で切れ目をいれる。塩と胡椒をすり込む。
フライパンにオリーブオイルの半量とローズマリーを入れ、鶏肉の皮目の方を下にして焦げ目が付いたら裏返し、ブロッコリーと残りのオリーブオイルを入れ、鶏肉の両面に焦げ目が付くまで焼く。
ブロッコリーは小房に分けて一口大に切り、太い茎は皮を厚めにむいて乱切りにし、塩1/2杯(分量外)を加えた熱湯でゆで、ザルに上げる。
ブロッコリーのほたてあんかけ
材料:ブロッコリー 1株、ほたて缶詰 1缶(70g)、人参 20g、干ししいたけ 2個
   ごま油 小さじ1、チキンスープの素 小さじ1、塩 小さじ1/2、
   しょう油 小さじ1、片栗粉 小さじ2(水 大さじ1)
ブロッコリーのほたてあんかけ
干ししいたけは、さっと洗って水150ccにつけて戻しておく。軟らかくなったら軸をとり千切りにする。戻し汁はとっておく。
フライパンにごま油をいれ人参をいため、干ししいたけ、戻し汁、ホタテの缶詰、スープの素を入れる。塩としょう油で味付けし、水溶き片栗粉でとろみを付ける。
ブロッコリーは小房に分けて一口大に切り、太い茎は皮を厚めにむいて乱切りにし、塩1/2杯(分量外)を加えた熱湯でゆで、ザルに上げる。
器にブロッコリーを入れ、その上からをかける。
人参は千切りにする。
ブロッコリーと焼きしめじのおひたし
材料:ブロッコリー 1/2株、しめじ1/2パック、だし汁 50cc、しょう油 小さじ2
ブロッコリーと焼きしめじのおひたし
ブロッコリーは小房に分けて一口大に切り、太い茎は皮を厚めにむいて乱切りにし、塩小さじ1/2杯(分量外)を加えた熱湯でゆで、ザルに上げる。
しめじは、石づきをとりほぐしてオープントースターかグリルでさっと焼く。
と調味料を合わせる。
ブロッコリーかつおかけ
材料:ブロッコリー 1/2株、だし汁 50cc、しょう油 小さじ2、花かつお 適量
ブロッコリーかつおかけ
ブロッコリーは小房に分けて一口大に切り、太い茎は皮を厚めにむいて乱切りにし、塩小さじ1/2杯(分量外)を加えた熱湯でゆで、ザルに上げる。
ブロッコリーと調味料を合わせ、花かつおをかける。
ブロッコリーのマヨネーズ
材料:ブロッコリー 1/2株、マヨネーズ 大さじ1、すり胡麻 小さじ1
   練り胡麻 小さじ1 
ブロッコリーのマヨネーズ
ブロッコリーは小房に分けて一口大に切り、太い茎は皮を厚めにむいて乱切りにし、塩(分量外)を加えた熱湯でゆで、ザルに上げる。
調味料全部をよく混ぜて、ブロッコリーとあえる。