旬 友藤弘子
大根
 暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒いですね。寒い季節は体温を保つためにエネルギーを使う量が増加します。寒い冬に食欲が増すのは理にかなっているのです。
  食事をすると温かくなります。これは、「特異動的作用」といって栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)が代謝されるときエネルギーを発散する
からです。この作用が一番強いのがたんぱく質です。温かいうどんよりも冷たいおさしみの方が身体の中から温まるというわけです。寒さに負けないために、欠食などしないでたんぱく質の多い食事をしましょう。生姜、唐辛子やにんにくなどの香味野菜も身体を温める作用があります。上手に利用しましょう。
材料:みず菜200g、油揚げ50g 水150cc  だし雑魚10g
    薄口醤油小さじ1、みりん小さじ1、酒小さじ1杯
みず菜は洗って根の部分を切り取り、4〜5cmに切る。
だし雑魚は頭をとる。
油揚げは、短冊に切る。
鍋に水とのだし雑魚を入れ、沸騰したらと、調味料を全部入れて、ひと煮だちしたら火を止める。
材料:みず菜100g、パブリカ1個、モッツァレラチーズ60g、ドレッシング(またはポン酢)
みず菜は、根の部分を切り取り、4〜5cmに切る。
チーズは角切りにする
パブリカは種とへたの部分をとり、小さな色紙切りにする。
全部を混ぜ合わせ、ドレッシングかポン酢で食べる。
材料:みず菜200g、鶏ミンチ70g、水70ccと200cc、土生姜ひとかけ
    酒 大さじ2杯、味醂 大さじ1.5杯、醤油 大さじ1杯
みずなは洗って根の部分を切り取り、4〜5cmに切る
鍋に鶏ミンチと土生姜と水70ccを入れ、はしでかき混ぜながらミンチの色が変わるまで加熱する。
土生姜はすりおろす。
みず菜と水200ccと調味料を入れ加熱する。みず菜がやわらかくなったら火を止める
材料:みず菜200g、ぶり1切れ(100g)、だし300cc、酒30cc、みりん10cc、しょうゆ15cc
みず菜は洗って根の部分を切り取り、4〜5cmに切る。
ぶりの切り身は薄くそぎ切りにする
鍋にみず菜とだし汁を入れ、煮立ったらぶりと調味料を入れる。ひと煮だちしたら火を止める。
材料:みず菜150g ベーコン20g、油 小さじ1杯  塩、胡椒 少々
みず菜は洗って根の部分を切り取り、4〜5cmに切る。
ベーコンは細く切る。
フライパンに油とベーコンを入れ、少し炒めてみず菜を入れる。みず菜がしんなりしたら、塩胡椒を入れ火を止める。