私たちは、地域に適した伝統的な食材や食文化を切り捨て、大量に生産できる少種類の食材を食べるようになっています。
世界の穀物年間総生産量:17億トン
      =一人当りの穀物:280キログラム
一人当りの年間穀物消費量
アメリカ:1万トン以上(内80%は食肉で消費)
アフリカ:100キログラム未満のところもあります。
日本はそんな大量生産の食料を最も受けている国です。
年4兆円の食料輸入は2位ドイツの3.5倍。
カロリーベースで自給率は40%。
穀物自給率は28%。
日本の三千年の食生活も、この三十余年で激変しました。
肉、脂は激増し、繊維質は激減しました。
← 前のページにもどる次のページにすすむ →