「主食・副食」と分けて考えるのは、米が主食の民族です。
●ヨーロッパ
ヨーロッパには主食にあたる言葉はないようです。パンは食事の主役ではなく、肉や野菜の料理はパンを食べるためのおかずではありません。主食、副食の区別なく何でも食べてきました。
●東アジア、東南アジア
米が主食である東アジア、東南アジアでは、「主食」と「副食」という考え方が発達しています。
●太平洋諸島・東アフリカ
そのほかに太平洋諸島の民族や東アフリカのいくつかの民族のあいだで、食べ物を主食と副食に分類することがみられます。
●アメリカ
歴史が浅く、多くの人種とそれぞれの食文化が入り交じったアメリカは、食のスタイルも多様で、明確な主食はありません。
※食品の分布は、それぞれの地域の特徴をよく表現できるように、新大陸の影響や西洋文化の影響がおよばなかった、十五世紀頃を目安としています。
博士たちのエコライスを限定販売します
次のページにすすむ →