食べ物は自然の恵み。地域の風土に左右され、個性のある顔を持って当然。季節、数量、地域、価格、栽培方法、使用方法など、それぞれの限定条件を明示した商品コレクションを始めます。
08001
糸切餅
多賀名物の代表といえば、この糸切餅。普通の餅の4倍ついたきめの細かいこしあん入りです。その昔、二度にわたる蒙古襲来を台風によってまぬがれました。平和が甦ったことを喜んだ里人はおだんごを作り、蒙古軍の旗印である赤青三筋の線を書き、これを弓のつるで切って御神前におそなえしました。これが今の糸切餅の始まりです。三味線の糸で餅を切るのは刃物を使わず悪霊を断ち切る、即ち平和を意味しています。何気ない模様にもきちんと意味があるものなんですね。
page 1