さやいんげんのお浸し

 さやいんげんは、いんげん豆の豆が未熟のうちに、細長いさやを
そのまま食用とするもの。鮮やかな青みの夏の一品です。

◆材料◆

さやいんげん…200g
塩…小さじ1
だし汁…1/4カップ
砂糖…大さじ1強
塩…小さじ1/3強
しょうゆ…2〜3滴

◆作り方◆

さやいんげんの筋を除き、洗って塩をまぶす。
沸騰したお湯で2〜3分間ゆで、冷水にとってさまし、ななめに切る。
鍋に、だし汁、砂糖、塩を入れて煮立て、を加えて強火でさっと煮る。
しょうゆを加えて、すぐに皿に移し、広げてさます。

「つくってみよう滋賀の味2」
滋賀の食事文化研究会(サンライズ出版)
アドバイス

 通常のお浸しは、ゆでた後調味料であえますが、さやいんげんのように味がしみにくい材料の場合は、このようにさっと煮て冷ますとよいでしょう。

連載滋賀の食文化 >> つくってみよう滋賀の味 >> オンリーワン農産物図鑑 >> 直売所・ファーマーズマーケット巡り