2006年5月14日に発足した「京田辺市和菓子の会」です。
毎月1回、和菓子作りのレシピをご紹介します。
「栗きんとん」 にチャレンジ
栗きんとん
狩野 久乃(レシピ作成)
報告者:佐藤(京田辺市和菓子の会会員)
秋の味覚である、「栗の実と毬」をイメージした和菓子です。
材料<25個分>
白あん         500g
ぎゅうひ         50g
小豆の粒あん    200g
蜜煮の栗       25個
色粉          少々
栗きんとん
作り方
1
白あんの水分をとるため、ラップ2枚を重ねて広皿に広げて電子レンジで加熱する。
加熱時間は3〜4分を2回、その度にラップで練ってまた広げる。
2
ラップから布巾に替えて、バットの上で練りながら広げ少し熱を取る。
3
熱のある内にぎゅうひを中心に置き、布巾の端を持って練り込む。
冷めてきたら、布巾をはずし台の上で滑らかになるまで練る。
(出来上がったものが、「ねりきり」である。)
4
栗のいがに似せて着色したねりきりの生地を、粗い目のとおしを使って布巾の上に落とす。
5
粒あんを適当な大きさにちぎって
上に栗を置き、その周囲に
ひも状のねりきりを箸で植え付ける。
出来上がり。
ポイント!

*箸は、祝い箸の先を削って尖らせて使用すると扱いやすい。

MEMO

*生地を押して下に落とす時、適当な長さになるように生地の
厚さを加減する。

*ひも状の生地を植え付けるとき、出来るだけつぶさないよう
箸でていねいに扱う。
旬と地域が輝く京のおばんざい >> ふるさと乙訓の味 >> オンリーワン農産物図鑑 >> 旬の和菓子