2006年5月14日に発足した「京田辺市和菓子の会」です。
毎月1回、和菓子作りのレシピをご紹介します。
「サンキライ餅」にチャレンジ
サンキライ餅
狩野 久乃(レシピ作成)
報告者:佐藤(京田辺市和菓子の会会員)
材料<12個分>
上新粉 (米粉)    130g
もち粉 (白玉粉)    20g
砂糖            30g
湯(約60℃)       130cc
小豆のこしあん     300g
サンキライの葉     24枚
 サンキライというのは、山に自生する蔓性植物でサルトリイバラの地方名です。京都南部には、伝統食の一つに小麦粉とあんを主原料にした「サンキライ団子」があります。今回は、和菓子として作る「笹餅」の笹の葉の代わりにサンキライの葉を使ってみました。


サンキライ餅
作り方
1
こしあん、サンキライを除く材料を全部ボールに入れ、お湯でこねる。
2
蒸し器に濡れ布巾を敷き、こねた材料を薄くちぎって広げ、強火で3分程度蒸す。
3
を布巾のまま出してボールの水に浸した後、これを引き上げ、平たいバットでよくこねる。
4
はじめは布巾のまま。まず、布巾の端を持ってこねる。
5
まとまりが出てきたら布巾を除き、さらにこねる。
6
均質でなめらかになるまでこね上げる。
7
手水を使いながら、をちぎり分け
手の平で押し広げる。
8
1個ずつあんを載せ、回しながら包む。
9
最後に上下を返し、 餅の要領で丸める。

再び濡れ布巾を敷いて35分中火で蒸した後、
水をかけ団扇であおぎ急いで冷やす。
10
餅を包むサンキライを水洗いする。

をサンキライの葉で上下を挟めば
出来上がり。
ポイント!

*2回行う蒸しの程度に注意する。
 最初の蒸しの程度は、中味は半生、周囲は加熱によって
半透明の状態がよい。蒸し過ぎると、固くなって作業がしにくい。
二回目の蒸しが不足すると、製品がねばねばして食べにくく、
蒸し過ぎると皮がはじける。また、蒸す材料の量に比例して、
蒸し時間を調整する。

*あんには、上白糖ではなくグラニュ糖を使用する。
 この方が、甘味が上品で小豆の味が引き立つ。

MEMO

*丸める時、手水として砂糖水を使うと、つやが出る。
旬と地域が輝く京のおばんざい >> ふるさと乙訓の味 >> オンリーワン農産物図鑑 >> 旬の和菓子