紫ずきん
収穫時期:9月下旬〜10月下旬
丹波の黒大豆から生まれた秋のえだ豆。
粒が大きくコクのある甘味がたっぷりです。
豆の薄皮が薄紫色で、頭巾のような形をしているためこの名が付けられました。
たんぱく質はもちろんビタミンCやカルシウムが豊富。
おかずにも、おやつにも
一人分291.0kcal
◆材料◆4人分
紫ずきん(さやつき)
…………………1.5袋
春巻きの皮……10枚
塩・コショウ…適量
サラダ油………大さじ1
揚げ油…………適量
むきえび………150g
下味:
酒………………大さじ1
塩………………少々
片栗粉…………大さじ1
のり
小麦粉…………大さじ2
水………………大さじ2
◆作り方◆
むきえびは瀬わたを取り除き、下味の調味料を入れてよく混ぜ合わせておく。
紫ずきんは塩を加えた熱湯で柔らかくなるまで茹で(約10分)ザルにとって冷まし、粗熱が取れれば中身を取り出す。
フライパンにサラダ油を入れて熱し、を入れて炒め、塩・コショウで味を調える。
紫ずきんの甘味やコクと野菜の歯ごたえ
一人分122.0kcal
◆材料◆4人分
紫ずきん(さやつき)
……………1袋
トマト……1個(150g)
きゅうり…1本(150g)
レタス……1/4個(80g)
ブロッコリー
……………1/4株(70g)
人参………1/4本(50g)
青じそ……4枚(4g)
塩…………適量
ドレッシング…大さじ6
◆作り方◆
紫ずきんはボールに入れてサッと洗い、塩を適量振りかけて軽くもむ様な感じで混ぜ、そのまま熱湯に加えて茹で(約10分〜15分)固さをみてザルに上げておく。冷めればサヤから実を取り出しておく。※茹で上がってくると口が軽く開いてくるので目安に。
トマトは皮を湯むきした後、大き目のサイコロ状に切る。
きゅうりは縦4等分に切り、1.5cm幅に切る。
レタスは水洗いをした後、食べやすい大きさにちぎっておく。
人参は皮をむいて5mm厚さのいちょう(又は半月)切りにして塩熱湯でやわらかく茹で、続いて小房に分けたブロッコリーも加えて程よい固さになればザルに上げておく。
青じそはせん切りにする。
ボールにを入れて混ぜ合わせ、好みのドレッシングで和える。
「京野菜生産地からのお勧め簡単レシピ」(社)京のふるさと産品協会より
旬と地域が輝く京のおばんざい >> ふるさと乙訓の味 >> オンリーワン農産物図鑑 >> 旬の和菓子