たけのこご飯
 たけのこご飯

 竹の生えている日本のどこでも、お米と合わせて食するたけのこご飯はもっともポピュラーな食べ方である。冷えたたけのこご飯も格別だが、熱い番茶をかける食べ方は京ならではの味わいである。また、京らしくうす揚げだけを入れて精進のごちそうとしてご飯を炊いているのは絶妙である。

◆材料◆4人分

なす…500g
米…4カップ
ゆでたけのこ…400g
うす揚げ…中1枚
木の芽…少々
だし汁(かつお)…4カップ
醤油…大さじ4
酒…大さじ2

◆作り方◆

米は、といて1時間ほどおく。
ゆでたけのこ、うす揚げは、短冊に切る。
米と同量のだし汁、の材料、醤油、酒を加え炊く。
最後に、木の芽を散らす。

「ふるさと乙訓の味」
(乙訓地域生活改善グループ連絡協議会)より
◆わが家の味◆

 たけのこご飯は、たけのこが出始めた走りの時期に作ると、少しのたけのこで家族が喜んでくれる何よりごちそうになる。昔は、大きな鍋でたくさん炊き、残ったご飯でおにぎりを作って、それをおやつにもした。火鉢にあみをのせて、こんがり焼いてもらって食べたのを思い出す。熱い番茶でのお茶漬けも最高。
旬と地域が輝く京のおばんざい >> ふるさと乙訓の味 >> オンリーワン農産物図鑑 >> 旬の和菓子