カル食ニュース 更新履歴
情報の交流フォーラム
食を考える
ベーシック情報
食に役立つ
マニュアル情報
物の物流マーケット
人の交流掲示板


sinkansyokai_03.jpg



新刊紹介

Copyright(C)2005-2016
NPO法人
地域に根ざした
食・農の再生フォーラム
カルチャー・食-ing
All rights reserved.

掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。


博士たちのエコライス 商品物語
博士たちのエコライス栽培日誌
奥丹波ブルーベリー農場
随筆「皮肉之譚」
  〈1〉
遺伝子組み換え食品についての情報
日本が毎年輸入する穀物(とうもろこし、小麦)、油糧作物(大豆、なたね等)の総量は約3100万トン。そのうち54.8%に相当する1700万トンが遺伝子組み換え作物です。
放射能汚染と
日本列島
2011年3月に起きた福島第一原発事故。この記録は、放射能汚染と取り組む農民連食品分析センターの視点から、未曽有の試練に直面する日本列島の今を綴った、現在進行形のドキュメントです。
「百珍」とは、「百種類の珍しい料理」の意味。天明から弘化の頃、「百珍本ブーム」がおこり、新興都市江戸の江戸前食文化が芽生えました。実際に百珍本を見ながら料理をしてみました。
田んぼの未来、お米の未来
理事長 小池 恒男
「食のグローバル化」で地域の食文化が消えつつあります。しかし、本当の「グローバル化」とは地域の個性が大事にされること。そこにしかない産物、食品、料理こそ国際的に通用するのではないでしょうか。
109.夏バテ回復レシピ
スタミナ源はタンパク質ですが、ミネラルやビタミンなどが多い野菜類と一緒にとることが必要です。肉や魚などのタンパク質を多く含む食品は、アミノ酸といううまみ成分が多いことも特徴です。
◆TPP協定で食の安全・安心はどうなるその体系的整理の試み
◆不透明感増すTPP交渉の行方を読む(2014年4月2日現在)
◆TPP参加で日本の食料農業はどうなる
◆TPP(環太平洋パートナーシップ協定)ってなに?
開始しました!
食について不安に思うこと、ぜひ、みんなに教えてあげたいことなど・・・、どんどんテーマをたてて、がんがん意見交換をしましょう。あらたな発見があるかもしれませんよ。
新規就農をめざす方のためのQ&A

これだけは知っておきたい
      新規就農基礎知識
essei_03.pngバックナンバーはこちら


リオオリンピック、日本頑張りましたね。
夏休みだったので、毎晩リアルタイムで見てしまい、昼間はポワ〜ンとして仕事に集中できない日々でした。

体操の内村航平選手、もう天才ですね、完璧だわ。
でも私が一番燃えたのは卓球男子。
水谷隼選手がすごかった!
「あかんがな、もう負けるわ」と誰もが思ったところからのあの追い上げ、勝った瞬間のガッツポーズに私も「よっしゃぁー!」と大声で叫んでました。
福原愛ちゃんばかりに期待が集まり、今まで全く注目されてなかった卓球男子、世界大会でも上位を取ってたのにいっぱい努力してきたのにスルーされてきて気の毒だったのですが、これで皆の目を向けさせたこと間違いなし! 努力が実ってよかった!!
手に汗握るすごいラリー、「よしっ!」「あーっ!!」とこっちも思わず声が出る。よく取るよあんな球。
水谷選手が点を失うと、私が「あーもぅ何やってんの!」「もーっ!拾えよっ!」などと言うもんで、横で見てた息子が(息子は中学時代卓球部だったので卓球男子だけは見てた)
「あんた、偉そうに言うなよ、何ひとつ同じことできひんやろが。」
と怒ってました。

卓球女子の石川佳純選手もすごかったわ。
試合中の彼女の目の鋭さ、ハンターの目、戦士の顔ですよ。メダルを取った後のインタビューの時の柔らかな表情と全く違う。
あの狙い撃ち的な目、最高にカッコイイ!
卓球は、素晴らしい試合を見せてもらって「さすがオリンピック!寝ないで見た甲斐あるわ〜」と思いました。

レスリングの吉田沙織選手も試合前から金メダル4連覇の重圧、あまりに気の毒で「いいんだよ金メダルじゃなくても。そんなに責任感じないで」と祈るように見てました。結果、銀メダル、もう充分すごいです!!

陸上も、やっぱりボルトはカッコイイわ。でも全身バネのチーターのような走りをする黒人勢の面々に対し、日本勢の快挙!
バトン渡しの勝利と言われてるけど、そんなことない、日本人ってこんなに速くなったんか、とビックリでした。

選手のみなさん、本当にお疲れさま。素晴らしい試合を見せてくれてありがとう。美しいプレイを見せてくれてありがとう!

パラリンピックに出場される皆さんも、どうか練習の力を出しきって頑張って下さい!

反して、私自身のウダウダな日々…。そんな夏休みも終わってしまい、学校スタート。
元気の有り余る生徒たちに反し、私はまだエンジンがかからない日々です。

夏休みもどこにも遠出せず、真面目に出勤の日々。以前のようなカボチャ熱も沸かず、5個買い込んだものの、何も作らず未だ玄関に転がったままです。
出勤と言えど自由がきくので、昼休みに近くの川を眺めに行っては、ちょっとホッコリしてたくらい。

岩手県では台風で川が氾濫して大変でしたが、被害の大きかった岩泉、私の最近のお気に入りヨーグルトがまさにその岩泉のもの。
「岩泉ヨーグルト」という商品で「岩手県岩泉乳業」が作ってて、濃くて超おいしい。
白いアルミパウチの袋で、900gで800円もするけど値段の価値あり。だから岩泉と聞いて、他人事に思えず心痛む思いです。

2016_09.jpg





川というのは氾濫すると脅威だけど、普段の川というのは癒しの音色です。
私は山際の川のせせらぎの音がとても好き。
多分小さい頃に田舎の川に泳ぎに行き、潜って魚を見たり石をひっくり返してセムシ(トビゲラの幼虫?)を捕っては水面に投げて魚が寄ってくるのを見たり、熱くなった石の上に寝っころがって川のせせらぎを聞くのが夏休みの定番だったからかな。
山道の川のそばを車で走ってると「このへん、潜れそう」とか「あのへん、魚いそう」とかいう目で見てしまう。「あ〜入りたい」「潜りたい」と思ってしまう。
山から流れ出る細い小川の音も好き。田舎では「溝こ(みぞこ)」と呼ぶのですが、思わず車を止めて音を確かめ、ザバザバ歩きたい衝動にかられてしまいます。

よく臨死体験者が「三途の川」の話をされますが、私がもし死の縁で三途の川を見たらきっと喜んでホイホイ渡ってしまうと思う。
娘にそう話してると、「母さんは三途の川を渡らんと潜るで。さらに水生昆虫探しをして、三途の川でず〜って遊んだままや。死にもせず生き返りもせず、三途の川の地縛霊状態やな。あ、でも「虫網忘れた」とか「水中メガネが要る」とか思って生き返るかもしれん」とヒドイことを言うとりました。でもありえるわ〜。

近頃は川で遊ぶ子どもも虫捕りする子どもも全然見かけなくなりました。セミ捕りすらしてないもん。
みんな夏休み何して遊んでるの?
大型レジャー施設やショッピングモールやゲームセンターには子どもがいっぱいなのに、自然の中に子どもがいない!

そう娘に話してると、「母さんの常識は一般の非常識。テーマパークや映画やレジャー施設、それが普通!
私の夏休みは毎日川に連れて行かれて、遠出するといえば水中メガネと網とドライバーとバケツ持って海の岩場や。だから大学の友だちに海に誘われた時、私は笑い者になったんやで。みんながパラソルやらビーチボールやら持って来たのに、私だけ水中メガネとバケツ抱えて、軍手にドライバー持って、「お前は海女か!?」と笑われたんや。私はもう砂浜の海を楽しめない身体になってしもた。」と怒って言うので、
「でも、そういう経験があってよかったと思える日がくるわ」と言うと、
「ビーチボールより蛸や貝探す女子大生って変やろ!」とさらに怒って言うので
「でも砂浜ビーチボールより岩場の方が楽しいやろ?」と聞くと
「まあな。砂浜でキャーキャーやってるだけの何が楽しいのかわからん」と言うとりました。さすが私の娘!

娘は周りの友だちがヒラヒラした花柄の水着を見せ合い、「その水着かわいい〜ぃ」とかキャッキャ言い合ってる中、一人水着の上にTシャツと半ズボンを着て軍手はめて更衣室から登場したらしい(岩場は怪我するから、我が家の海ファッションの定番)。

娘のその時のビックリした顔と恥ずかしさを想像すると笑えますが、私はそういう娘でよかったとつくづく思う。海の楽しさは岩場だよ、絶対!

まあ、人それぞれ楽しみ方はいろいろあっていいのだろうけど、職場の若者たちが、「ハワイ行ってきましたぁ」とマカデミアナッツチョコを自慢気に配ってたり、「シンガポール行ってきましたぁ」とようわからん民芸品くれたりするのを 「うわ〜いいわねぇ〜素敵な夏やったんやね」と言いつつも、どこか心の中で「フン」と思ってしまう気持ちがある。

娘は「それは妬み。私も川よりシンガポールがいい。三途の川渡る前に連れてって」と言うとりますが、贅沢な旅より心の贅沢の方がいいと思うのは私が年をとったからか…?

とはいえ、どこかに連れてってやらねばと思ううちに夏休みが終わってしまったので、最近CMで宣伝してるびわ湖バレイにできた「びわ湖テラスにでも行こうか」と誘うと
「何があるの?」と聞かれ、
「きれいな景色」と答えると
「なんで琵琶湖なんか見なあかんねん、いつも見てるし」と即却下され、結局ウダウダから抜けられない日々を過ごしております…。