カル食ニュース 更新履歴
情報の交流フォーラム
食を考える
ベーシック情報
食に役立つ
マニュアル情報
物の物流マーケット
人の交流掲示板


sinkansyokai_03.jpg



新刊紹介

Copyright(C)2005-2017
NPO法人
地域に根ざした
食・農の再生フォーラム
カルチャー・食-ing
All rights reserved.

掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。


博士たちのエコライス 商品物語
博士たちのエコライス栽培日誌
奥丹波ブルーベリー農場
随筆「皮肉之譚」
<1>遺伝子組み換え食品に
   ついての情報
     理事長 小池 恒男
<2>遺伝子組み換え食品20年目
   でわかったこと
   なぜゲノム編集技術なのか
        天笠 啓祐氏
放射能汚染と
日本列島
2011年3月に起きた福島第一原発事故。この記録は、放射能汚染と取り組む農民連食品分析センターの視点から、未曽有の試練に直面する日本列島の今を綴った、現在進行形のドキュメントです。
「百珍」とは、「百種類の珍しい料理」の意味。天明から弘化の頃、「百珍本ブーム」がおこり、新興都市江戸の江戸前食文化が芽生えました。実際に百珍本を見ながら料理をしてみました。
田んぼの未来、お米の未来
理事長 小池 恒男
「食のグローバル化」で地域の食文化が消えつつあります。しかし、本当の「グローバル化」とは地域の個性が大事にされること。そこにしかない産物、食品、料理こそ国際的に通用するのではないでしょうか。
130.新生姜
6月〜7月にかけて店頭に「新生姜」が並びます。この時期に収穫される「新生姜」はハウス栽培のものです。露地栽培される生姜は、春先に植えて10月〜11月に収穫されます。
◆TPP協定で食の安全・安心はどうなるその体系的整理の試み
◆不透明感増すTPP交渉の行方を読む(2014年4月2日現在)
◆TPP参加で日本の食料農業はどうなる
◆TPP(環太平洋パートナーシップ協定)ってなに?
開始しました!
食について不安に思うこと、ぜひ、みんなに教えてあげたいことなど・・・、どんどんテーマをたてて、がんがん意見交換をしましょう。あらたな発見があるかもしれませんよ。
京都府南丹市美山町
大西 勇さん
essei_03.pngバックナンバーはこちら


今回の大雨では多くの方が亡くなられ、心痛む思いです。御冥福をお祈りするとともに、まだ見つかってない方々が早く家族の元に戻られることを切に望んでいます。

私の家の近くの川も氾濫まであと少しというところでしたが、今回は大丈夫でした。琵琶湖がパンパン状態だから瀬田川洗堰も全開で、あんなに下に流して大丈夫なんやろかと気になりましたが、宇治川に(瀬田川が宇治川に変わる)被害はなかったようです。川っぺりに住んでる狸とか大丈夫やろかと心配ですが、地震のあとは大雨と、自然の怒りのような感じもして、どんどん消費する生活やガンガン壊す河川工事も見直し、自然を大事にしなければと改めて思う次第でした。

我が家は特に災害への備えもせず、水も買わず、「その時は諦める」体制で生きておりますが、ちまたの方々はちゃんとしておられるのか、大雨が続いた日にスーパーに行くと、水や野菜やとたくさん買い出しする人でいっぱいで驚きました。
みんなすごいなぁ…。学校でも、一日分の飲み物やカロリーメイトのような食べ物を生徒から預かり備蓄してありますが、私は未だに持ってってないし、なっとらん教師であります。





職場の人たちに「備蓄とか地震対策とかしてるの?」と聞くと、「特にしてない」という答が多くて、教師は人に偉そうに言う割にダメな人種かもしれません。
雨のせいか地震の影響か、今年は蜂が多くて、そっちが目下の緊急事態で、クマバチがベランダに巣を作り、1歳にならない何にでも興味津々の猫が蜂を追いかけて眉間を刺され、眉間が大きく広がって、目が横について魚みたいな顔になり、頭にきた私は巣を撤去。スーパーの袋を3重にして巣にカパッと被せてむしりとるという原始的かつ危険な方法でしたが、怒れる母は強し! 大成功!
学校でもクマバチをこの方法で何匹も捕獲し、クマバチが出たら用務員さんではなく私が呼ばれております。
「いつか刺されて痛い目に会うで」と同僚は言いますが、虫系は平気な私は危機感なし。
娘いわく、「母さんは自分を過信してそのうち死ぬタイプ」らしいですが、クマバチがいなくなったベランダでゴロンゴロンと寝っころがる魚顔の猫を見てほっこりした気分になり、「よかったなぁ」と語りかける日々であります。