カル食ニュース 更新履歴
情報の交流フォーラム
食を考える
ベーシック情報
食に役立つ
マニュアル情報
物の物流マーケット
人の交流掲示板


sinkansyokai_03.jpg



新刊紹介

Copyright(C)2005-2018
NPO法人
地域に根ざした
食・農の再生フォーラム
カルチャー・食-ing
All rights reserved.

掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。


博士たちのエコライス 商品物語
博士たちのエコライス栽培日誌
奥丹波ブルーベリー農場
随筆「皮肉之譚」
<1>遺伝子組み換え食品に
   ついての情報
     理事長 小池 恒男
<2>遺伝子組み換え食品20年目
   でわかったこと
   なぜゲノム編集技術なのか
        天笠 啓祐氏
放射能汚染と
日本列島
2011年3月に起きた福島第一原発事故。この記録は、放射能汚染と取り組む農民連食品分析センターの視点から、未曽有の試練に直面する日本列島の今を綴った、現在進行形のドキュメントです。
「百珍」とは、「百種類の珍しい料理」の意味。天明から弘化の頃、「百珍本ブーム」がおこり、新興都市江戸の江戸前食文化が芽生えました。実際に百珍本を見ながら料理をしてみました。
09こめフォーラム基調講演
田んぼの未来、お米の未来
理事長 小池 恒男
“オルタナティヴ農業”をどう発展させるか
理事長 小池 恒男
「食のグローバル化」で地域の食文化が消えつつあります。しかし、本当の「グローバル化」とは地域の個性が大事にされること。そこにしかない産物、食品、料理こそ国際的に通用するのではないでしょうか。
140.ホタルイカ
ホタルイカというと富山湾が有名です。ホタルイカは深海に生息していますが、春になると産卵のために海面近くに上がってきます。真っ黒な海面に青白く光るホタルイカの群れは幻想的で富山湾の春
◆TPP協定で食の安全・安心はどうなるその体系的整理の試み
◆不透明感増すTPP交渉の行方を読む(2014年4月2日現在)
◆TPP参加で日本の食料農業はどうなる
◆TPP(環太平洋パートナーシップ協定)ってなに?
開始しました!
食について不安に思うこと、ぜひ、みんなに教えてあげたいことなど・・・、どんどんテーマをたてて、がんがん意見交換をしましょう。あらたな発見があるかもしれませんよ。
京都府南丹市美山町
大西 勇さん
essei_03.pngバックナンバーはこちら


4月から心の支えにしてきたゴールデン・ウィークもアッという間に終わってしまい、今や「もう休みが当分ない」という喪失感が残るのみ。
皆様は充実したお休みを過ごされたでしょうか。

ゴールデン・ウィークといっても親の介護と猫の薬タイムに縛られてる私は旅行など行けずで、10日間もあったのにこれといって満喫したイベントはなく、植木を切ったり竹の子を炊いたり、しじみ祭りの手伝いをしたり、冬物を片付けたり、娘と2人で近くの四川料理を食べに行ったり、見たかった海外ドラマをAmazonプライムで見まくったくらい。
それでも仕事を忘れられる開放感は何よりの幸せでした。

日本は令和にお祝いムードですが、私はそんな感じでHappy感なし。
令和も新天皇のお年を考えると20年くらいしかない訳ですが、とにかく戦争に巻き込まれない平和な年であってほしいと願います。 そして雅子様もこれからいろんな表舞台に立たれることで、今まで培ってこられたキャリアや知識を生き生きと発揮されて、ストレスが減るといいなと思います。

令和になったからという訳ではないけど、実家に古銭や旧札をしまってあるのを思いだして、どんなのがあるのかちょっと見てみようと探してみました。
ところが、どこを探しても見つからない。
母に聞いても認知症のマダラボケ状態なもんで
「そういえば置いてたけど、どこにしもたかわからん」
と言うし、押し入れから引き出しから全部見てもない。
「耐火金庫に入れたかなぁ」
というので、金庫(小さな携帯できる金庫)を引っ張り出したものの、鍵がない。

「鍵は?」
「どこかにある」 「どこ?」
「わからん」
「大事なもんしまう場所はどこなん?」
「金庫や」
落語じゃあるまいし…その金庫の鍵の場所を聞いてるんだよっ!

鍵は見つからず、開いたとしても入ってるかもわからず、結局どうにもならない。

だいたい母は昔から極度の心配性で何でもしまいこんで何にでも鍵をかける人でした。
だから実家には耐火金庫が4つもある。
金庫といっても単なる引き出し代わりだから中身はろくなものが入ってない。




確か昔の友だちから来た手紙やら過去の保険の単なる通知葉書まで金庫に入れていたぞ。

「前に見たことあるけど、たいしたお札なかったで。10枚くらいしかなかったし」
と弟が言うものの、見られないとなると余計に気になる。お宝的価値がないのはわかっていても、とにかく開けたい。 お札が見たいというより開かずの金庫を開けたい。

テレビで金庫開けるプロみたいな人を呼んでご立派なお屋敷の金庫を開ける番組を見たことあるけど、そんな人呼ぶほどの金庫でもなく、ハンドバッグサイズのホームセンターで買ったような金庫だから、2階から落としたら開くかなと考え、1つ落としてみたら、なんと! 開きました!!

中身は… 昔に保険の代理店をしてた時のようわからん書類と、私と弟の小学校の通知票が入ってた。

なんでこんなもん金庫入れとくねん!
こうなったら全部落としてやる!と2つ目もポ〜イ。
開きません…
3つ目も4つ目も開かず、壊れもせず。
頑丈だわ…

頭にきて母にもう一度「鍵どこ!? 思い出してよ!」(無駄だとは思っても熱くなってしまった私は止まらない)
「金庫に入れたかもしれん?」
「は? どういうこと? 」
「Aの金庫の鍵は@に、Bの金庫の鍵はAに入れたかもしれん」
「はぁ〜? も〜っ!!」
「現金100万とか入ってないの?」
「そんな危ないことせえへん。お金は家に置いてても増えへん、減るだけや」
「なんやねん、何のための金庫や!!」
「あんた、金庫開けてどうするつもりやのん?」
「古銭探してるの!」
「それは金庫やな」
「だーかーらー金庫の鍵!!」

話になりません…。

弟は
「2つ目の金庫は中学校の通知票や。3つ目が高校。ほんで4つ目が大学やな。」
と、ヒートアップした私を横目で冷めた態度。

ろくなものが入ってないことだけはわかったけど、開かずの金庫を破壊する方法、誰か教えて〜っ!!