カル食ニュース 更新履歴
情報の交流フォーラム
食を考える
ベーシック情報
食に役立つ
マニュアル情報
物の物流マーケット
人の交流掲示板


sinkansyokai_03.jpg



新刊紹介

Copyright(C)2005-2018
NPO法人
地域に根ざした
食・農の再生フォーラム
カルチャー・食-ing
All rights reserved.

掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。


博士たちのエコライス 商品物語
博士たちのエコライス栽培日誌
奥丹波ブルーベリー農場
随筆「皮肉之譚」
<1>遺伝子組み換え食品に
   ついての情報
     理事長 小池 恒男
<2>遺伝子組み換え食品20年目
   でわかったこと
   なぜゲノム編集技術なのか
        天笠 啓祐氏
放射能汚染と
日本列島
2011年3月に起きた福島第一原発事故。この記録は、放射能汚染と取り組む農民連食品分析センターの視点から、未曽有の試練に直面する日本列島の今を綴った、現在進行形のドキュメントです。
「百珍」とは、「百種類の珍しい料理」の意味。天明から弘化の頃、「百珍本ブーム」がおこり、新興都市江戸の江戸前食文化が芽生えました。実際に百珍本を見ながら料理をしてみました。
09こめフォーラム基調講演
田んぼの未来、お米の未来
理事長 小池 恒男
“オルタナティヴ農業”をどう発展させるか
理事長 小池 恒男
「食のグローバル化」で地域の食文化が消えつつあります。しかし、本当の「グローバル化」とは地域の個性が大事にされること。そこにしかない産物、食品、料理こそ国際的に通用するのではないでしょうか。
137.リメイクの「焼き肉じゃが」コロッケ
家庭料理の定番メニューの肉じゃですが、たくさん作って残ったときは、リメイクして別の献立にして食べきりましょう。「肉じゃが」のリメイクで超おすすめは、
◆TPP協定で食の安全・安心はどうなるその体系的整理の試み
◆不透明感増すTPP交渉の行方を読む(2014年4月2日現在)
◆TPP参加で日本の食料農業はどうなる
◆TPP(環太平洋パートナーシップ協定)ってなに?
開始しました!
食について不安に思うこと、ぜひ、みんなに教えてあげたいことなど・・・、どんどんテーマをたてて、がんがん意見交換をしましょう。あらたな発見があるかもしれませんよ。
京都府南丹市美山町
大西 勇さん
essei_03.pngバックナンバーはこちら


立春も過ぎ、寒さはまだ厳しいものの、春の花も蕾が少し色づきはじめて、ようやく春に近づきつつあるのが感じられるこの頃です。
節分にはニュースで巻き寿司の具が大量廃棄されたり豚の餌になってると報じていたので、巻き寿司を手作りする私は「今年は絶対材料を捨てない」と決め、干瓢、椎茸、高野豆腐、海老、カニカマ、卵、三つ葉、青じそ、人参、胡瓜を用意し、巻き寿司作りを始めました。

予定では6本作るはずが、そこはアバウトな私。「干瓢が余る〜っ!」「高野豆腐が使いきれないっ!」と、それらを使いきるために結局他の具材を買い足し、買い足した具材がまた余り、それを使いきるためにまた他を買い足し、で、なんと14本の巻き寿司ができてしまい、家族も「無計画に作るからや、もういらん、近所に配れ!!」と言う始末、ご近所からも「もう買ったしいらんわ」と断られ、3日かけて食べる羽目になりました。家は酢臭くて胃袋も酢が回ってる感じでもう当分寿司は見たくない…

こういうイベント的食べ物は結局は無駄が出るものなのね…。
次はバレンタイン。生協で頼んだのを忘れ、次の週にも注文してしまい、こちらも無計画の結果チョコの箱が既に6個届いております。チョコは日持ちするし、まあいいわ、とテレビ見ながらボリボリやって、豚街道まっしぐらです。




さて、我が家の猫は低空飛行ながらも元気でおりますが、1月の終わりから物置に腹水がパンパンに溜まったヨタヨタの瀕死の野良猫が住み着いております。
「寒い中、のたれ死ぬのは可愛そうだし、死ぬならうちで死んだらええよ、見送ってあげるから」と仏心を出し、猫マットに毛布を買いに走り、さらにカイロを買いに行き、朝に夜にとカイロを変えての世話で忙しい。1週間持たないだろうなと思ってたら、餌を置いても飲まず食わずでもう半月。最初の頃は「生きてるか?」「頑張りや」とカイロを交換する度に言ってたのが、さすがに「実は他でご飯食べてるのか?」「いつまでいる?」という心境になりつつあります。 ヤバイ、住み着いたら困るんだけど…。まあ、何かの世話をしてるうちが花、自分が世話されるよりいいか… 手を出してしまったからには最後までなんとか看ないと…

毎日食べ過ぎでブクブクに太った我が家の「大福(1才のオス猫)」が「僕も僕も」とまとわりつく中で、瀕死の猫のために交換用のカイロを振り振り、「これなら食べるかも?」と刺身や鶏ササミを茹でてる私なのです…。