カル食ニュース 更新履歴
情報の交流フォーラム
食を考える
ベーシック情報
食に役立つ
マニュアル情報
物の物流マーケット
人の交流掲示板


sinkansyokai_03.jpg



新刊紹介

Copyright(C)2005-2017
NPO法人
地域に根ざした
食・農の再生フォーラム
カルチャー・食-ing
All rights reserved.

掲載の記事・写真などの無断転載を禁止します。


博士たちのエコライス 商品物語
博士たちのエコライス栽培日誌
奥丹波ブルーベリー農場
随筆「皮肉之譚」
<1>遺伝子組み換え食品に
   ついての情報
     理事長 小池 恒男
<2>遺伝子組み換え食品20年目
   でわかったこと
   なぜゲノム編集技術なのか
        天笠 啓祐氏
放射能汚染と
日本列島
2011年3月に起きた福島第一原発事故。この記録は、放射能汚染と取り組む農民連食品分析センターの視点から、未曽有の試練に直面する日本列島の今を綴った、現在進行形のドキュメントです。
「百珍」とは、「百種類の珍しい料理」の意味。天明から弘化の頃、「百珍本ブーム」がおこり、新興都市江戸の江戸前食文化が芽生えました。実際に百珍本を見ながら料理をしてみました。
田んぼの未来、お米の未来
理事長 小池 恒男
「食のグローバル化」で地域の食文化が消えつつあります。しかし、本当の「グローバル化」とは地域の個性が大事にされること。そこにしかない産物、食品、料理こそ国際的に通用するのではないでしょうか。
129.しらす干し
しらすは、カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシなどのイワシの稚魚の総称です。しらすを塩ゆでして干したものが「しらす干し」です。
◆TPP協定で食の安全・安心はどうなるその体系的整理の試み
◆不透明感増すTPP交渉の行方を読む(2014年4月2日現在)
◆TPP参加で日本の食料農業はどうなる
◆TPP(環太平洋パートナーシップ協定)ってなに?
開始しました!
食について不安に思うこと、ぜひ、みんなに教えてあげたいことなど・・・、どんどんテーマをたてて、がんがん意見交換をしましょう。あらたな発見があるかもしれませんよ。
京都府南丹市美山町
大西 勇さん
essei_03.pngバックナンバーはこちら


ゴールデン・ウィークも過ぎてしまい、仕事への意欲がなかなか復活しないでおりますが、皆様はどこかへ遠出などされましたでしょうか。
私は猫と母介護のため実家と家の往復以外どこにも出ずの日々でしたが、私には毎年密かなゴールデン・ウィークの楽しみがありまして… ゴールデン・ウィーク前後になると、白い藤のような花をたくさんつける街路樹があります。この花の天ぷらが最高にうまいのです。 この木の名前は「ニセアカシア」。和名は「針エンジュ」。
花を房ごと採ると、ものすごいいい香りがしてそれだけで幸せな気分に包まれ、さらに花の天ぷらはプチプチサクサクあっさりとめちゃくちゃ上品な味。
しかも一斉に咲くからあちこちにいっぱい、取り放題!!
花を房ごと天ぷら種につけて油で揚げ、天つゆにつけて軸を手で持って口に入れ、キューッと軸だけ引っ張り出すように食べる。
東北方面の一部の地域ではポピュラーらしいのですが、こっちではこの花が食べられるのを知ってる人はほとんどいないから、私の独壇場です。
今年もスーパーの袋いっぱい採って天ぷらを楽しみ、「今年も制覇したぞ!」といい気分でした。



ニセアカシア
        ニセアカシア


たまに亀虫がついてたりするので、よく見ないで天ぷらにすると口中亀虫の香りでウゲーッとなるのも罰ゲームみたいで楽しい。

学校で同僚に食べさせたこともあり、みんな「旨い旨い」と取り合い。みんなこのシーズン、「ニセアカシアを見ると、花を愛でるのではなく食べ頃を見計らう」と言うくらい、ニセアカシアファン増幅中。
今年はもう天ぷらには遅く花は咲き誇ってしまいましたので、(房の上が咲いてて下の方が蕾なのが食べ頃)、皆様もぜひ来年はチャレンジして下さい。病み付きになりますよ〜絶対!